[マイクラ攻略]マイクラで宇宙に行こう。ロケットで月や火星、金星などの惑星を冒険できるGalacticraft MOD(Forge1.12.2)の概要と導入方法

MOD

子供にお願いされてこのMODを導入しました。やはり宇宙は子供にとって知的好奇心がくすぐられるようです。子供と使ってみましたがこのMODかなり作りこまれています。我が家では学習用の教材として学研の図鑑をみながらこのMODを楽しみました。皆さんにもぜひ親子でプレイしてもらいたいので概要よ導入方法を紹介します。

Galacticraft MOD

ロケットの発射方法

発射台を3×3で作成します。

ロケット(燃料入り)を設置します。スペースボタンを押すと発射します。

どこに冒険できる

以下のように太陽系のさまざまな惑星を冒険することができます。

導入手順

ステップ1 事前準備

MODを導入するにはMODにMinecraft Java版を購入するとともにMODと同じバージョンのForgeを導入する必要があります。

Minecraft Java版の導入

Minecraft Java版のインストールは初回のみで大丈夫です。以下で導入方法を紹介しています。

関連記事

マインクラフトJava版の概要と導入方法(インストール方法)を紹介したいと思います。我が家ではマインクラフトのマルチプレイをするためにPC版のマイクラをヨドバシカメラでカードタイプで購入しました。昔はキャンペーンをやっていてマインクラフト[…]

Forgeの導入

Minecraft Forge 1.12.2をインストールします。既に導入している場合スキップしても大丈夫です。

関連記事

Forgeの概要と導入方法を紹介します。Forgeはマンクラフト(minecraft)のJava版のMODをプレイする方は必ず導入することをお勧めします。以下にMODの導入の流れを紹介します。ステップは5段階ありますが基本的なパソコンスキ[…]

新規のバージョンのForgeを利用する都度インストールが必要になります。

ステップ2 MODの入手

以下からダウンロードできます。

->Micdoodle8 – Galacticraft Download

MODは以下の3種類を取得しなければなりません。

GalacticraftCore-1.12.2-4.0.2.280.jar
Galacticraft-Planets-1.12.2-4.0.2.280.jar
MicdoodleCore-1.12.2-4.0.2.280.jar

ステップ3 起動構成の編集

MinecraftのJava Editionを起動して起動構成を選択します。

新規作成をクリックします。

起動構成の編集を実施します。以下のように設定します。

名前(任意)

【GalaxyMOD】にします。何でもよいですが分かりやすいものにしたほうがよいです。

バージョン(必須)

Forge版のマインクラフトJava版のバージョンの1.12.2である【1.12.2-forge-14.23.5.2854】を選択します。【release 1.12.2】を選択しないようにしてください。【1.12.2-forge-14.23.5.2854】が表示されない場合、Forgeのインストールの見直しが必要になります。

ゲームディレクトリ(任意)

ゲームディレクトは任意ですが以下のように設定し分かりやすい名称にすることをお勧めします。ここでは、【.minecraft_forge1.12.2_galaxy】としました。以下の手順で設定します。

①参照ボタンをクリックします。

②Roamingの直下に【.minecraft_1.12.2_galaxy】いう名称のフォルダを作成します。作成したフォルダを選択して【OK】ボタンをクリックします。

以下のように情報が登録されます。

項目設定備考
名前GalaxyMod任意
バージョン1.12.2-forge-14.23.5.2854必須
ゲームディレクトリC:\Users\XXXX\AppData\Roaming\.minecraft_forge1.12.2_galaxy任意

現段階ではまだ作成されていませんがゲームディレクトリの直下には後でForgeのマインクラフトを起動したときに以下の重要なフォルダが作成されます。

mods
遊びたいmodsはこのフォルダの直下に保存します。

resoucepacks
Java版はmod以外にもリーソースパックが充実しています。普段のマインクラフトに飽きてきた人、もっと綺麗な画面も使いたい人、冒険風のみために変更したい人はリソースパックをダウンロードして設定すれば変更できます。

saves
新規作成したワールドはこのフォルダ内に保存されます。以前遊んでいたワールドでダウンロードしたmodと遊びたい場合は以前遊んでいたワールドのsaveフォルダに保存されているデータをこのフォルダにコピーしればプレイできます。

ステップ4 MODファイルの保存

ステップ3の【起動構成の編集】で設定した【ゲームディレクトリ】のサブフォルダに【mods】という名前のフォルダを作成します。ダウンロードしたMODSを保存します。

項目設定
MOD保存ディレクトリC:\Users\XXXX\AppData\Roaming\.minecraft_forge1.12.2_galaxy\mods

MODを開始する。ステップ3の【起動構成の編集】で設定した名前である【PockemonMod】を選択して【プレイ】ボタンをクリックします。

ステップ5 動作確認

MODの動作確認を行います。動作確認のためにクリエイティブワールドを新規作成します。

以下のGalacticraft選択画面がでてきたら導入成功です。

探索できる宇宙の惑星

レベル1 地球

特に説明はいらないと思います。スタート地点は地球です。

レベル1 月

月の探索ができます。

月ではバギーで探索したり重力が地球に比べ軽いので超ジャンプができます。宇宙人?と遭遇することもあるかもしれません。

レベル2 火星

レベル3 金星

レベル3 小惑星

宇宙ステーション

ロケットで打ち上げした後で宇宙ステーションを作成することができます。地球を選択して作成ボタンを選択します。

宇宙ステーションを選択してスタートを選択します。

宇宙ステーション?に到着します。宇宙ステーションは自分で作りこまなければならないようです。

まとめ

子供と図鑑をみながら惑星をひとつずつめぐっています。学習用の教材としても最適だと思います。