[マイクラ攻略]定番の影MOD(シェーダー)のSEUSの概要(使い方・遊び方)と導入方法

SEUSは最も定番のシェーダーです。以下でSEUSの概要と導入方法を紹介したいと思います。

概要

SEUSを使うと世界を超美しく生まれ変わらせることができます。一方で軽くはありません。PCのスペックは問題なく美しい景色を楽しみたい方にお勧めのシェーダーです。SEUSは以下の3つのバージョンがあります。個人的には安定版で最新機能が取り込まれるているSEUS Renewedを使っています。今後のSEUS PTGI の発展が楽しみです。

SEUS (Sonic Ether’s Unbelievable Shaders) 

初期のバージョンです。現在はSEUS RenewedもしくはSEUS PTGIを使うユーザーがほとんどになっています。

SEUS Renewed

初期のSEUSを継承して機能拡張したものです。高品質なSEUSが更にパワーアップしています。

SEUS PTGI 

SEUSの実験バージョンです。RTXグラフィックカードをなしにレイトレーシングを実現させるための実装がなされています。「PTGI」は、このプロジェクトの主な特徴であるPathTracedGlobalIllumination」の略です。また、光線追跡反射も含まれ​​ます。元々は有料バージョンでしたが無料で公開されるようにうなりました。

注意事項

Java版の追加コンテンツは有志のユーザーにより作成された非公式なプログラム

Java版の追加コンテンツ(MOD、マップ、リソースファイル)は世界中の有志による無償で作成されたファイルです。PCになにか影響があった場合も自己責任になります。

動作が遅くなったとき

modsはMinecraftの拡張のプログラムです。modを導入すればするほどパソコンの動作が遅くなります。最近は高性能のGPUを搭載したことを前提に作成されているmodもあります。パソコンの動作が重くなって使いにくい場合導入したmodの利用を見直すか、より高いスペックのPCを購入してプレイすることをお勧めします。

導入方法

OptiFine+影MODの導入手順は以下のようになっています。重要なポイントは以下のようになっています。
・影MODをプレイするには、MinecraftのJava版とForgeが必要である。
・影MODを使うには同じバージョンのForgeを導入する必要がある。

ステップ1 事前準備

Minecraft Java版のインストール(有料)

Minecraft Java版が必要になります。購入していない人は以下で購入方法と導入方法を紹介しています。

関連記事

マインクラフトJava版の概要と導入方法(インストール方法)を紹介したいと思います。我が家ではマインクラフトのマルチプレイをするためにPC版のマイクラをヨドバシカメラでカードタイプで購入しました。昔はキャンペーンをやっていてマインクラフト[…]

Forgeの導入(無料)

公式サイトで推奨されているバージョンであるForge 1.16.5を導入します。Forgeは必ず必要ですが既に導入している場合スキップしても大丈夫です。

関連記事

Forgeの概要と導入方法を紹介します。Forgeはマンクラフト(minecraft)のJava版のMODをプレイする方は必ず導入することをお勧めします。以下にMODの導入の流れを紹介します。ステップは5段階ありますが基本的なパソコンスキ[…]

ステップ2 OptiFineのmodのダウンロード

以下でMODに対応するバージョンのOptFineを取得します。OptFineは軽量化のmodで影modを使う場合は必ず必要になります。OptFineは以下から取得できます。1.16.5を取得します。

>OptFine

【show all versions】をクリックすると各バージョンでのOptFineが表示されます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-239.png

modと同じバージョンのoptFineをダウンロードします。バージョンを選択して【Download】ボタンを選択します

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-240.png

以下の画面が表示されますので【Skip】ボタンを表示されるまで4~5秒待機します。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-213-1024x465.png

【Skip】ボタンをクリックします。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-214.png

次に表示された画面で【Download】ボタンをクリックするとOptiFine_1.x.x_xx_x_xx.jarがダウントードされます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-241.png

ステップ3 SEUSのダウントード

以下からダウンロードします。SEUSは定番のシェーダーパックです。抜群の美しさですがやや動作が重いです。

->SEUS

ステップ4 OptiFine modとシェーダーパックの保存

ダウンロードしたOptFineとシェーダーパックをゲームディレクト直下の以下に保存します。以下のように「%appdata%」を入力すると対象ディレクトリに簡単に移動できます。

mods

以下のようにOptFine modを保存します。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-253.png

shaderspacks

以下のようにシェーダーを保存します。ゲームディレクトリの直下にフォルダがない場合、【shaderspacks】でフォルダを作成します。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-252.png

ステップ5 Forge版のマインクラフトの起動

次にForge版のマインクラフトを起動します。【設定】をクリックします。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-254.png

次の【ビデオ設定】を選択します。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-258.png

ステップ6 シェーダーパック設定

次にシェーダーの詳細設定を選択します。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-257.png

保存したシェーダーが表示されます。利用したいものを選択し【完了】を選択します

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-260.png

ステップ7 動作確認

マインクラフトを実行すると以下のようにシェーダーが適用されます。世界が美しく生まれ変わることがわかります。

適用前

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-264-1024x555.png

SEUS適用後

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-261-1024x555.png

Forgeを使いたくない場合はステップ1でダウンロードしたOpt Fineのmodを実行します。以下の画面が表示されますので【Install】を選択します。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-243.png

最後に以下の画面が表示されるので【OK】をクリックします。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-246.png

マインクラフトを起動すると起動構成にインストールしたOptFineが表示されます。【プレイ】を選択してマインクラフトを起動します。ただし、他のmodを使うことはできません。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-247.png

Forge版のマンクラフトと同様にシェーダーの詳細設定が設定できるようになります。この方法だとシェーダーは使えますが他のMODを使うことができません。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-249.png

まとめ

定番のシェーダー であるSEUSの概要と導入方法を紹介しました。是非参考にして頂ければと思っています。 SEUS PTGIの最新のバージョンは以下からダウンロードできます。

->SEUSPTGI